読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米国と日本の選挙:彼ら自身の方法で恐ろしい

アメリカの政治運動は恐ろしいほど部族になる可能性がありますが、外国人への恐怖はここで世論調査に浸透します


ハッピーハロウィン。本当に恐ろしいことを話しましょう。アメリカと日本の選挙。

これらの国が世界一の第1位と第3位の経済大国であり、失敗するには大きすぎる代表的な民主主義はもちろんのこと、しかし、物事が進行しているというのは本当に恐ろしいことです。

米国での選挙キャンペーンは、おそらく読者にとって非常に身近で新鮮なので、まず始めましょう。
米国:2つの部族が戦争に行く

アメリカの選挙は、エネルギーと論争に満ちている-どちらかといえば、あまりにも多くの議論。ワシントンDCの定期的な政治的な発酵が、そうでなければ無視されたアメリカの心臓部に広がっていると想像してください。その熱狂した活動を、ただ2つの政党の人工的な独占に絞ってください。そして、4人のうち1人が政治的議論を支配するのを見守ってください。

そして、当事者が大統領選挙候補者を指名した後には、それは激化するだけです。選挙日の3ヶ月前に熱狂したことのために、事実上他の全てのニュースは、政治的噂、陰謀、中傷によって混雑している "クレイジーシーズン"を目撃してください。

それまでに、独占はトレンチ戦争に発展しました。競争相手を仮想的なネクタイとして描写しているアメリカのメディアは、意見のパネルを両側から払い出して、偽の同値性の問題を作り出しています。「ガット感情」は、検証可能な事実と同じ時間になります。

これは、実際の会話をするのではなく、議論を「勝ち負け」するために「話し合いポイント」を交換する個人レベルにまで下がります。コンテンツは反対の政治ブログからのリンクの単なる交換になるので、Facebookの友人たちはお互いをブロックしてしまいます。

これは最近のすべての選挙で起こったが、2016年代は部族主義の点で大変だった。1人の候補者が性的奪取について自慢し、彼の支持者は何とか普通ではないにしても、それを容認できないものとして却下しようとする。同時に、他の候補者は、彼女が取り組んだすべてのプロジェクトで首尾よく成功しなかったため、サポートを獲得するのに苦労しています。これは、ビル・クリントンの臆病な格言を証明した。「民主党は恋に落ちたい。共和党員はちょうど崩れ落ちる。「ヒラリーは十分に愛らしいわけではない。トランプのラインは非常に誤りがあります。

それでも、この種の部族主義は長い歴史を持っています。リチャード・ニクソン大統領以来、アメリカの選挙は、国の51%の支持を確保し、残りを無視して、しばしば「基盤に訴える」ことになってきた。レース、クラス、宗教、地域、生活様式、年齢などの過ちに沿って、米国と同様に多様な国を分裂させています。

そして候補者、政党、メディアが社会の本質を引き出した後、何をしようとしていますか?国の「治癒」と「統一化」の後の約束を推進する。それは3年後、サイクルが繰り返されるので、少し富裕です。

一方、日本の指導者たちは、アメリカの部門を笑って、日本社会が少数民族や移民に起因する頭痛を欠いていることを神に感謝して、恥ずかしく座っている。しかし、日本には選挙上の問題があり、もしあれば、社会に大きな損害を与えている。
日本:アウトサイダーの恐怖

先月のコラムで、日本がバーチャル・ワン・パーティ・システムとしての地位を立てたことについて話し合った。これまでのJBCで言及したように、これは、1990年代以降の日本の左翼の乖離が、異なる比率で分極化したためです。50-50分裂ではなく、98-2分裂です。外国人を勇気づけるかもしれない日本人を暴行させることは言うまでもなく、外国人(人口の2%近くを占める)である。選挙の時期と終わりの両方で、日本人の外国人に対する恐怖は政治的利益のために与えられる。

2000年以来の事件では、日本の政治家が(「悪い」外国人と呼ばれてきた怒り)、「凶悪」、「卑劣な泥棒」「殺人」「強姦」「遺伝学的および民族的犯罪者- 」「でも、」違法。東京警視庁の石原慎太郎知事は、警察庁が外国犯罪疑惑の恐怖を払拭し、いくつかの任期を勝ち取ることを前提に、前例を設定した。小泉純一郎首相はその後、反テロリズムキャンペーンのプラットフォームに外国人を含めるように拡大した。
これらのスローガンの結果としての行政方針は、外国人を肉体的に政治から除外した形で日本の「安全」と「安全保障」を回復させることを目的としていた。一般市民の人種差別化を促すだけでなく、効果的に人権を留保することができました。

2000年代後半に民主党が地方選挙や人権法案などの在日外国人に対する包括的な措置を求めた際に、しかし、これらの計画は、北朝鮮人に権利を与えたため、右派が簡単に撃墜された。

日本社会党である日本の社会党は、何十年も前に北朝鮮の日本人拉致事件に懐疑的な姿勢を示した後、すでに国民の怒りで鎮圧されていたことを忘れないでください。その後、DPJの外国人に対する急速なソフトスタンス(日本を経済的に追い越したばかりの中国への友好的な取り組みを含む)は、強化された外国人蜂を再び蘇らせる助けとなった。

最近の日本の政治運動における嫌悪嫌いはかなり標準化されています。高プロファイルの選挙では、1人の独立した候補者またはフリンジ党のリーダー(時にはそれ以上)が、外界について恐れている。彼らは選出されませんが、票を得て厳格な選挙委員会からの「ツタンカーメン」を除き、悪意ある行為を使ってキャンペーンを展開することができます。彼らは、外国人が追放されなければ、ますます警戒されることを明白に主張する。それとももっと微妙なのでしょうか?日本は、中国や北朝鮮を守るために、再軍備化すべきです。あるいは、日本の(外国人とは言えない)過去の栄光が取り戻されなければならない。すでに選出された代表者でさえ、野党政治家の忠誠心に疑問を呈して、最近の野党最大の野党の仁愛(Renho)に起こったように、彼らの「外国のルーツ」を指摘している。

日本は、国家の苦しい産業を救うために、何十万人もの外国人労働者(申し訳ありませんが、「研修生」)を引き続き持ち込みます。これは、日本政府の招待で(強制ではないにしても)何世代にもわたってここにいた永住外国人の上にある。自民党は、外国人の「研修生」プログラムを拡大し、さらに安価な労働者を雇うことさえ予定している。どうして?国民の傷害を巻き起こし、テロ、暴動、犯罪を日本の過去の「安全な」社会に引き寄せる恐怖を引き起こす国際的な出来事のための会場を建設すること。

ああ、皮肉です。それほどずっと前に、日本の選挙のスローガンと政策提言は、どのように「西洋」であり、日本の外的影響に開放的であったかをみんなに示すことを目的としていた。時代を忘れないでください国際化 1980年代(国際化)?現在、公共政策は外界を持ち出し、政治家が公的恐怖を利用するように見える。
両側への手紙

要するに、日米の最近の選挙は、建設的あるいは進歩的な政策を推進するのではなく、公的な恐怖に挑むことであった。冷淡に言えば、それは理解できることです:恐れのない世界は本当に世界中ではまったく正常であり、有権者は簡単に動員されます。最近、ジョン・F・ケネディソビエトニクソン対反文化、ロナルド・レーガン対武器競争、ジョージ・W・ブッシュ対テロリストの選挙に成功した。そのプレイブックには、トランプ対メキシコとイスラム国家グループがあります。そして、トランプの異人嫌いだけでも、おそらく日本の嫌悪者ほど悪いと言われています。

しかし、特に、異民族嫌悪を促進する効果については、これら2つの選挙区の間に大きな違いがあります。米国では、ある主要な当事者が、アメリカの汚い仕事をしている外国人を明白に守っているだけでなく、国の物語(「移民の国」)が実際にそれを促進している。クリントンは事実上、ビック・バッド・オオカミを征服するキャンペーンでそれを使用しました。

しかし、日本では、外国人は狼のままドアにいます。外国人は日本で恐怖を煽るために使用されていますが、米国では少なくとも議論の半分で、彼らはそれを戦うために使われます。

日本経済が老朽化し、停滞し、民主主義が移民によって不均衡を是正することができないため、恐怖の戦術が社会に永続的な損害を与えていることははっきりしています。確かに恐ろしいもの。